検索
  • physio-studio axis

フィジオ・スタジオaxisメルマガ2020年7月(No.4)


こんにちは!北川瑞穂です。

今回のテーマは「座り方」です。

と言うのも、今月初めに「究極の座り方セミナー@zoomオンライン」を開催し、改めてご参加くださった皆様と共に、これは重要!と実感したからです!

早速、内容をちょっとシェアさせてください☆

皆さんは1日24時間のうち、何時間位座っているか考えたことってありますか?

座っている時間 = 1日24時間-(睡眠時間+活動時間)

で計算します。

今回ご参加下さった方の事前アンケートでは、下段の様な結果でした。



半数の方が11時間以上座っているという現実。

企業で行ったセミナー時のアンケートでも、デスクワーカーの多くが1日12時間以上座っているという結果でした。

つまり、座りは人生の50%以上を占めている!ということですよね。

そう考えると、とても大切なことが分かりますね!

また、事前アンケートでは、現在お持ちの症状もお聞きしました。結果は下段の通りです。

セミナーでは、

  • 日頃どんな環境で座っているのか(椅子、ソファー、畳、床)?

  • 座る物・場所が変わっても、何をどう意識すれば良いのか?

  • 事前アンケートのお悩み症状で、多い回答を中心に、なぜこのような症状が起こりやすくなるのか?

を、具体的にお伝えしていきました。


今日は、そのお悩みの中で代表して「首のこり」に関して、皆さんにもお伝えしたいと思います。

このページをスマホで見ている方も多いと思いますが、

スマホを見る時になりがちな下を向いて首の後ろが伸びる姿勢は、

首への負担が良い姿勢の時に比べて 約5倍!

また、デスクワーカーがなりやすい、筋肉の緊張と弱化が交差して起きる筋バランスの崩れた「上位交差性症候群」という姿勢があるのですが、どちらもすぐに症状が出なくても、何年もその姿勢を続けると首、肩の筋肉に負担をかけ続けるので、首こり・肩こりを引き起こしストレートネックになっていきます。

1日の半分、人生の半分を占める「座り」を根拠ある良い姿勢にすると、良いことがありそうですよね。

「そうは言っても気づくと悪い姿勢なのよ」と思われた方もいらっしゃいますよね!

そんな心配がなくなるようにセミナーでは、悪い姿勢をリセットする、簡単な「ニュートラルリセット体操」も実際にご指導しました!(^^)!

今まで誰にも教えられることもなく、当たり前にできていると思い込んでいた「座る」という行為について、自身で考えちょっとした知識を得ることで意識が変わり、身体も必ず変化していきます。

私自身正しい座りを知って日常の中に取り入れ、以前よりかなり楽に座れるようになりましたので間違いありません。

ピラティス・セッションを通して、不調の「予防」に取り組むと同時に、誰もが必ず行っている「座る」というところで、皆さんの健康に貢献していけたら!と思っておりますので、今後も定期的に開催を予定しております。

また、普段のセッションをお受けになる際にも、今回受講いただいた皆さまにご指導させていただいた「ニュートラルリセット体操」をリクエストいただければ、一緒にご指導いたします!

皆で、ナイスな姿勢でコリなくgood job!しましょう☆


#究極の座り方セミナー

#志木ピラティス

#オンラインセミナー

4回の閲覧0件のコメント